FC2ブログ

NECCプチツー&お誕生日会

猛烈な風の中、夜の部(NECC飲み会)の前にヒマを持て余した有志で昼の部開催イイ!!

ちょこっとツーリングできる場所として、今回の目的地に選んだのはここ

19061514.png

聞けば有志の誰も行ったことがない若しくは遠い昔だそう

少し狭いけど、結構楽しい道ですぜ

19061502.jpg

前を走るペウゲオット106と595コンペ、チョロQみたい(笑)

19061501.jpg

第1ダムに到着
車を降りてすぐ、全員の顔の周りを執拗に虫が飛び回る・・僕たち死にかけてるのかな

19061503.jpg

なかなかの高さで、覗き込むとおマタがヒューってなりますぜ

19061506.jpg

で、ダムの堤の上をなんとなく歩いていたら、とうとう反対側の展望台まで来てしまいましたぜ・・ゼエゼエ・・

19061504.jpg

我らのクルマたちがあんな遠くに・・

line_939236139920939.jpg

それから5kmほど走って目的地に到着

19061508.jpg

ここでも顔の周りに虫が集まってくる・・まだ死なねえってば

19061507.jpg

テラス席でランチざます
暴風のためかお客は我々以外ほとんどなしザマス

19061509.jpg

ここの料理、味は問題ないのだが、ウェイターがチンタラし過ぎて、それしか記憶に残らなかったザマス!!

「もうパーティー行かなアカんねんて言うてるやろー!!急げー!ボケーッ!」

19061515.png

奥胎内を後にして、パワースポット 菅谷神社へ。
156を駐車場に停めると、大きなヤマカガシが156の下に入ってきました。
こいつは縁起が良いとみた

19061511.jpg

12支の彫刻とか、境内至る所に建築物があったり、結構見ごたえありました。
ただ、落書きだらけなのが残念

19061512.jpg

ご利益として、ペウゲオットさんの車載時計が直ったそうです
こりゃお布施頑張れば、いろいろ直りますぜKさん!
とりあえずお布施オレに預けてもらえれば悪いようにはしませんぜ

19061510.jpg

で、夜の部はNECC第1回飲み会
ご利益のあったペウゲオット乗りKさんのお誕生日ということで、お誕生ケーキ花火付きを出してもらいました
セッティングをしてくれたBMWと595乗りのM親子さん、ツーリング先導してくれた147乗りKさん、今日はありがとうございました。

19061513.jpg
スポンサーサイト

次の子

19051008.png


とうとう156不動になったか(笑)

と思った人、ハズレです。

Pさんのお墓作って、Pさんの家をキレイにして片付けようと思っていたところ、
意気銷沈している娘っちのために義父がチャボの雛を持ってきてくれました。

line_1560031167805_copied_1560031179880.jpg

黒って、Pさんのヒヨコの時みたい

19060903.jpg

まだ飼うって決めたわけじゃないけどね

19060902.jpg

地鶏と違って人懐っこいのね・・
初対面のオサーンの若干プヨプヨのお腹の上で無防備に眠りだすし・・
食べちゃうかも知れないぜえ(笑)

19060901.jpg

撫でてやると気持ちよさそうにピヨピヨ・・
Pさんの「触んなや!ガブっ!」という気高さもいいけど、この子みたいな甘えん坊も良かですな・・・

19060904.jpg

私から離そうとするとピー!ピー!鳴いて・・・
すっかり娘っちよりもオイラがメロメロになってしまいやしたぜ

まだ娘っちが命名してないけど、とりあえず・・ピヨピヨ鳴いて可愛い女の子・・
ピヨカワさん・・だな

ということで、これからピヨカワさん(仮)の成長も綴っていきます。

19060905.jpg

NFECいわきオフ

NFEC(新潟 福島 あたりのヨーロッパ車クラブ)のオフ会に日帰り参加してきました。

朝6時に147乗りのKさんと待ち合わせ、磐越道をいわきへ。

19060201.jpg

前泊組と合流して11台のツーリング開始
小名浜の工場地帯をバックに撮影会

19060211.jpg

小名浜の漁港でも撮影会

19060212.jpg

10連休の再塗装で写真写りが良くなった156❤️

19060213.jpg

美空ひばりにゆかりのある灯台をバックに撮影会

19060202.jpg

海岸沿いは、津波被害の跡地の再建中。爪痕の深さを感じます。

19060204.jpg

今回の参加車両は、二束三文のわがポンコツ156からこのイッシェンマンエン超えのスーパーカー兄弟まで様々

19060203.jpg

お昼は、昨秋以来のマンママリィでした。私が昨秋この店に来て驚き喜んだのを知っていたコヤジさんが忖度してチョイスしてくれました。

19060205.jpg

前菜でしょ

アクアパッツァでしょ

19060207.jpg

チーズフォンデュでしょ

19060206.jpg

マルゲリータ、しらすと大葉のピザ、チーズとハチミツのピザでしょ

19060208.jpg

ペペロンチーニに
チーズナントカパスタ・・このトムとジェリーに出てくるタイヤのような巨大なチーズに熱々のパスタを絡めます

19060209.jpg

そしてデザート
もうお腹パンパンヌ・・・

夕飯は道の駅で買ったメヒカリの干物を唐揚げにしていただきました

19060210.jpg

こうして、非常に濃い楽しいツーリングはあっという間に終わりました。
コーディネートしてくれた地元のイタ車乗りの皆さん。ありがとうございました。

アリーヴェデルチ

昨日、Pさんが危機を脱したと感じた

普通に餌食べて、娘っちに抱っこされて、夜「おやすみP子〜」と声をかけようかと思ったけど、もう寝てたら起こしちゃ悪いのでそのまま就寝

朝、寝室を出て階段を下りていくと、普段ならガンガン・・とケージを突っついて餌をねだるのに  静か・・


ケージのなかを覗くと、いつもの寝ている姿のまま動かなくなったPさんの姿


触れた手に伝わる冷たさで、もうP子の命が戻らないことを理解しました


鳥などは、野生の血が残っているのか、習性として死ぬ間際まで具合悪い素振りを見せないそうです
動物病院に運んだ時は今にも死にそうなほど弱っていたけれど、最近は元気に見えていました
食滞による急激な体重減少や水中毒による内臓のダメージが、回復できないところまでになっていたのかもしれません

娘っちを起こして、状況を説明して、大好きだった庭に二人で埋めてあげました
娘っちは泣いていたけれど、食滞の時に一度はP子の死を覚悟したこともあって、受け入れたようでした

ひよこの時から子供たちと一緒に過ごして、結構幸せな一生だったのではないかと思います
最後は多分眠るように息を引き取ったのではないかと思います

Pさん、天国でもツンデレの気高い女でいてね

P子のいる毎日、楽しかったな

ムルに乗るPさん
16043001.jpg

娘っちの頭に乗るPさん
16022101.jpg

オサーンとキノコ探しするPさん
15101004.jpg

湯上り姿のPさん
15112102.jpg

おめかしPさん
15101201.jpg

もう一度、背中に顔をうずめたいよ Pさん


Pさん 危機を脱したかな

3月末、Pさんの食欲が全くなくなっている事に気づいた
ほぼ食う事しか関心のなかったPさんなのに

3キロもあったぽっちゃり女の子だったのに、みるみる痩せて・・
油断すると噛むキケンな女だったのに、どんなにいじくってもされるがまま・・
胸元のそのうがパンパンに膨らんでいて、中身は水のようだけど全然胃の方に流れていってない
眼はうつろで力がない・・

19052706.png

そのうちそのうの中身が腐敗したのか、強烈な悪臭を放つようになって、今にも死んでしまいそうなくらい衰弱してました

19052703.png

動物病院に連れて行って、そのうマッサージで内容物を吐き出させ、しばらくパウダーフードを水で溶いて注射器で強制給餌して様子をみることに
なお、原因はわからないけれど、水中毒になっているとの診断
水を制限しないと死んでしまうんだそうで、Pさんは喉が渇いて水を欲しがるのですが、心を鬼にして耐えさせました

動物病院も小鳥は治療例がたくさんあるけど、家畜=経済動物である鶏は基本的に治療ではなく死因を調べる程度だそうで、先生からも力になれなくて申し訳ない旨の言葉をいただいてPさんの死を覚悟していました
娘っちも半ベソかきながらP子を抱いて先生の話を聞いていました

ここはオイラのクレイジーDで・・治すッ!!

19052705.png

ダメならゴールドエクスペリエンスで生命エネルギーを与えるッ!!

19052704.png

あ〜、Pさん死にそう・・・

で、約2ヶ月、制限給水と強制給餌で命をつないでいたある日、急に餌を食べ始めました
庭に出した時に輪ゴムとか変なものを食べて、そのうに引っかかっていたのがストンと胃に落ちたのか?という感じでした

19052702.png

元気になったのか?おい!
ガブッ!!・・・元気になったみたい・・痛てて・・

19052701.png

体重は多分1/2から1/3になってすっかりスリムビューティーになったPさん、まだ水中毒の気があるので制限は続けますが、危機的な状況は脱したみたいです。

あと半年で4才。
多分、にいがた地鶏のなかで一番長生きしてます。
娘っちが嫁に行くくらいまでは生きててね
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード