Quadri Foglio

クアドリフォリオ

幸運の4つ葉は、アルファロメオ乗りにとって特別な意味を持ちます。

17052113.jpg

かつてタルガ・フローリオというイタリア国内のレースで、白地の四角形に緑の4つ葉のクローバーをアルファの車体に書いて走り優勝したレーサーが、その後のレースでの事故で亡くなり、それから白地の三角形に緑の4つ葉となって、アルファロメオの高性能グレードにそのバッジが付けられているのです。

私の156はステッカーチューンですが、現行のジュリエッタにはQuadri Foglio Verde(緑の四つ葉)=QVというグレードがありますし、少し前のアルファGTというモデルの末期にはQuadri Foglio d'Oro(黄金の四つ葉)という限定モデルがありました。

そんな4つ葉に関してフェイスブックのお友達がアイテムをゲットしていた記事があったのですが、私にもゲットのチャンスが訪れました。

それは

17052114.jpg

いや、逃げない。別に。

それは、これ

17052115.jpg

4つ葉のストラップのガシャ!



・・・



・・






100円玉が・・・ない・・・カード使えないよね・・・orz
スポンサーサイト

156 P/W スイッチ修理にチャレンジ

156とチンクでシガーソケット取り付けに成功したyandouおじさん。
もう何でもいいからクルマいじりがしたくなりました。

そういえば、156の助手席のパワーウィンドウスイッチがなぜか逆、手前に引くと窓が下がり、押し込むと窓が上がる状態でした。
いつかクルマ屋さんに見てもらおうと思っていましたが、クルマいじりに関して最近のボクってアレだし♪

17052110.jpg

あの人も言ってるし・・

17052111.jpg

やっちゃえ!OSSAN・・・・ガッテンだ!

まずは助手席のP/Wスイッチのパネル固定ネジをヘクスキーで外して上に引っ張るとユニットが外れます。

17052101.jpg

つまみを押しながら引っ張ると、配線コネクタが外れます。

17052102.jpg

配線をコネクタから外すには、この固定パーツをドライバで外し、

17052103.jpg

反対側の爪を押しながら引き抜くと1本ずつ外れます。

17052104.jpg

1番下の黒はアースかな?
とすると上二つと下二つがそれぞれ窓上下の+ー配線かな?
まあ、差し替えて動作確認すればいいでしょ。

17052105.jpg

うーん、全く動かない・・
テキトーに何通りか試したけど動かない・・

17052106.jpg

差し替えてはACCオンしていると・・・エッ!?

17052112.jpg

鍵を抜いているのに窓が動くッ!!!

あ!タイマー機能あるんだっけ?
ノーマークだった。
P/Wって何アンペアきてるんだっけ?

こんなのは勘弁・・

17052109.gif

結局分からず諦めかけた時、スイッチ本体が怪しいことに気づく
これ、黒い部分が簡単に外れて180度向きを変えればいいんじゃないの?

17052107.jpg

ビンゴ!!
やっとフツーの窓の動きになりましたぜ!
あとは逆の手順で元に戻しておしまい。
ああ、ボクYDK・・じゃなくてYDOかも♪

17052108.jpg

フィアット500 国産シガーソケット取り付け

156へのシガーソケット取り付けが上手くいって調子に乗ったyandouおじさん。

156への国産シガーソケット取り付け

今回はチンクを同じようにいぢります。

まずシガーソケット電源コードを探るため、ドリンクホルダーの下に隠れたネジを外します。
こちら前側

17051801.jpg

そして後ろ側

17051802.jpg

で運転席側、助手席側ともこのようにカバーを外します。
トルクスネジもあるので、それ用ドライバーも必要です。

17051803.jpg

他の方の記事では、シガーソケットが収まっているパネルを「パズル的に取り外す」とありますが、どうやってもサイドブレーキとシートに干渉して外れません。
そこで、目一杯サイドブレーキを引き上げて、配線を切らないように注意しながら、⇩このようにパネルをサイドブレーキに引っかけたまま作業します。

17051804.jpg

覗き込むとシガーソケットにつながっているコネクタが見えるので、つまみを押しながら引き抜きます。
で、コネクタに行っている線のうち、灰色/赤色の線がACCなので、これを一旦切断して、ギボシ端子を付けます。

17051805.jpg

156の時と同じく、国産シガーソケットの線を加工してマイナス側の先にクワガタ端子を付け、これをアースします。
ちょうどBOSCHの何かをボディに止めているネジがあるので、ここに共締めします。

17051806.jpg

156の時と同様に国産シガーソケットのプラス側配線にヒューズを噛ませ、先端にギボシ端子をつけ、それをY型接続端子を介してチンク側の配線とつないだら、キーONしてちゃんと通電されるか確認。
国産シガーソケットのブルーのリングが点灯。はい、OKですね。

17051807.jpg

あとは外した時の逆の手順でパネルを取り付け、配線は完了。
あとは、このシガーソケットを付属の両面テープでつけてしまうか・・・・
やはり156同様、フリーに動かせる方が便利なので、遊んでいたフックを両面テープで取り付け、パネルの縁に掛けられるようにしました。

17051808.jpg

なんということでしょう!
あれほど雑然としていたシガーソケットまわりがこんなにすっきりと。
しかも後席で充電器とか使いたい時には後ろにソケットを移動できるようになりました。

17051809.jpg

ああ、クセになりそう❤️

新潟イタ車好きの会遠足3

4月30日に発足&第1回遠足で長野に行ってから、わずか半月ですが、第3回目の遠足。
今回は山形にあるロッソカーズさんと、愛知からそこに移転したムゼオチンクエチェントへ。

途中、道の駅で粟島をバックに。今回の参加車両は写真手前から、Mさん彼女さんのMito、私の156、Mさんパパの595、たかっちGTさんの595、Hさんの147GTA、Alfa-jijiさんのGiuliettaです。

17051401.png

ムゼオチンクエチェントの展示車両は以前と少し変わっていました。
ヌオーヴァチンクの実車を見ると改めてその小ささと可愛さに物欲が湧いてきます。
600ムルがあったらやばかったです。

17051402.jpg

クルマ好きの遠足ですが、バイク好きでもある私にとって、DUCATIパニガーレも堪らないのです。
機能と美しさの融合というか、イタリア車に通じるもの(ドカもイタ車ですが・・)を感じます。

17051409.jpg

お店の中にも外にも売り物のクルマが置いてありますが、インパクト大だったのはこの155

17051403.jpg

アルファピンクを通り越して、ビアンコになりかけてます・・
部品取り車かな?

17051414.png

えっ!!

お値段100万えーん!!?
もしや、10年以上前からこのプライス付けたまま放置されているとか・・いやすごい。

その後、月山放牧場に移動。
初めて来ましたが、とても景色が良く、広場や展望台、レストハウスがあって、放牧場が上手に観光資源になっていました。

17051410.jpg

17051405.jpg

昼食のジンギスカンを美味しそうに撮ったつもりがブレブレ・・・orz
17051404.jpg

アルファと女子は良く似合います。
オサーンにもね
17051411.jpg

その後、月山をバックに扇型に並べて写真撮影。Tipoとかの表紙みたいですね。

17051406.jpg

月山を下りてから温泉「瀧の湯」に入り、いつものように帰るのがイヤになりながらも海岸沿いを一路新潟へ。

17051412.jpg

途中、笹川流れの夕日。ああ・・明日が休みだったら・・神様

17051407.jpg

そして、12時間に及ぶ遠足はおしまい。
皆さんとお別れのご挨拶をして、エンジン掛けたら・・・
派手なビープ音と共に、
17051408.jpg

16072601.jpg

アルファ156 国産シガーソケット取り付け

イタリア車と国産車ではシガーソケットのサイズが微妙に違い、電装品を差して使えなくは無いけれどすぐに外れてイライラします。
過去にユニバーサルタイプのシガープラグをシガーソケットにさして、そこに電装品を差していましたが、それでも時々緩むし、何より収まりが悪いのが気に入りませんでした。

そこで面倒臭いけど、シガーソケットのついた灰皿の裏の配線から分岐して、国産シガーソケットを取り付けることにしました。

まずは灰皿固定ネジを2つ外して、電源コネクタを外して灰皿ユニットを取り外します。ここはあっさり外れます。
経年劣化のためか、プラスチックの破片がポロポロと出てきます・・・

外したユニットを裏側から見ると、左側から電源コードが一旦シガーソケットに入り、そこからさらに灰皿照明に電源が供給されています。

ちなみにシガーソケットに入る線は茶色、黒、黄/黒の3本。
灰皿照明に行くのが黒、黄/黒の2本。黒は一般的にマイナスだから、茶色が本体からのプラスだろうと予想をつけ、通電テスターで確認。ビンゴ!

17050701.jpg

茶色の線から電源を取ります。
まず分岐の配線を作っておきます。
次に市販の国産シガーソケットのプラス線をテスターで確認。
国産シガーソケットはシガープラグに差し込むタイプで、シガープラグ部分に交換可能なヒューズが内蔵されています。なので、国産シガーソケットのコードを切って、プラス線、マイナス線に分け、プラス側にギボシ端子、マイナス側にアース用クワガタ端子を付けます。
市販ヒューズケース(画像の赤い線の白いケース)をプラス側に取り付け、シガーソケットに内蔵されていたヒューズを入れておきます。

あとは茶色線をぶった切って分岐配線を取り付け、国産シガーソケットのヒューズ側に接続すれば配線は終わり。

17050801.jpg



17050702.jpg

あとは配線を絶縁テープでまとめてやります。

17050802.jpg

今度は配線の終わった灰皿ユニットを車内に持ち込み、電源コネクタをつなぎ、マイナス線をボディアースします。
適当に探してみると、センターコンソールの下に丁度良いボルトがありましたので、ここに挟み込みます。
キーを回してみると、しっかり国産シガーソケットのLEDが光ります。車体への配線はこれでおしまい。

17051001.jpg

灰皿ユニットを元の場所にもどします・・・が、ここが一番苦戦したところ・・・
入らない・・・
悪戦苦闘している最中に灰皿ユニットの開閉機構の爪がポッキリ・・・orz
常にオープンな状態になっちまった・・
まあ、蓋閉めていてもライトON時には中で灰皿照明もつきっぱなしということが分かったので、開きっぱなしにしておきます。

17051002.jpg

配線がみっともないのでチューブでカバーします。
偶然にも国産シガーソケットは、ドリンクホルダーの穴にぴったりフィット!

17051301.jpg

固定してしまおうかと思いましたが、ドリンクホルダーから取り出して自由に動かせた方が便利なので、そのままにしました。
いじったとは思えない自然な仕上がり(笑)
次はチンクもやるです。

17051302.jpg
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード