復刻

過去の名車を現代風に復刻させたクルマ、そうVW New Beetle、BMW Mini、Fiat500などがそれで、商業的にも成功していますね。

新しい情報では、フェラーリF430をベースにストラトスの復刻版の制作が進んでいるとか。
熱烈な、超お金持ちなストラトスファンの要望によって甦ったとか。
だから市販というよりはワンオフに近いらしいですね。
姿形は現代のストラトスですが、中身は500psオーバーのV8フェラーリですから、コンセプトまで同じという訳ではないようです。
ちなみに価格はベース車で2300万以上ですから、それ以上、下手すれば1桁高くなるとか。
まあ、Beetleの変わりよう(RR→FF)と較べればかわいいものかもしれませんが。

このストラトス、当然私ごときが買う事も実物を見る事も叶わないスーパーカーな訳ですが、出来れば庶民にも夢を見せて欲しい。
そう、かつてクーペフィアットにランチアデルタインテグラーレのエンジンが載ったように、ランチアテーマにフェラーリ308のエンジンが載ったように、いやその逆でこのストラトスの皮を被った庶民派市販車出してくれー。実車見に行くから。
でも、ストラトスの皮を被るにはMRでないと厳しいでしょうね。
そうなるとイタ車で新車で売ってるのはフェラーリやランボしかないか・・・
国産もなさそう。インプレッサやRX8だったら何とかなるかな?


1101282.jpg


で、もう一つはシェルビーコブラ。
知らなかったけど1996年から復刻されていたんですね。
庶民価格とはいかないまでも500万円台後半から用意されているそうです。


1101281.jpg

で、最後に何が言いたいかとうと、ご先祖様の復刻版を望むってことです。
初代FIAT Mulutipla。
FIAT600をベースに3列シートのピープルムーバーを作っちゃったFIATの創作意欲に脱帽です。
今見ても古くさくない、いや、今だからこそ魅力的なこのスタイル。
現代のパワートレーン、安全装備、庶民価格で復刻されたら間違いなく買います。
うちのムルも数十年後熱烈なお金持ちファンによって復刻されたりして(笑)。

1101283.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

復刻

yandou156さんへ。
こんばんはSELFISH OF MY DOLL'S HOUSESの《貴》です。訪問ありがとうございました。私も以前はプントに乗っていました。その前はA160、ヴィータなど乗って今はアウディに落ち着いてます。外車に乗っちゃうと、やめられませんね!まことに勝手ではありますがリンクさせていただきました。御迷惑でしたらコメントお願いいたします。

No title

貴さん

リンク有り難うございます。
相互リンクさせていただきました。

最近Dラーがベストの主治医とは限らないと考えるようになりまして、アンファングさんのHPを見てそちらにお邪魔しました。
イタ車からドイツ車に行くとまた違った魅力があるんでしょうね。


No title

ストラトスの復刻版は、ミウラの復刻版とコンセプトが似たような感じになるんでしょうかね? 
初代のムルは、VWバスみたいな風貌でつねw こういう顔はいいね~~♪
確かに、この外観で中身は現代的だったら欲しいかも~~(笑)
カウンタックのレプリカのプローバーカウンタックというのが岡崎インター付近の輸入車取り扱いのお店で購入出来るんですが、このレプリカは精巧に出来てますよw しかも500万円からあるようです。
昔の朝ヤンで江頭2:50がこのカウンタック買ってましたけどね。。。。

No title

http://antiquescafe.blog114.fc2.com/blog-entry-35.html

初代ムルにエンジンを現代のスバル・サンバーのエンジンをスワップした車両もあるみたいです。
これなら、ちょっとは安心出来そうですなw 

No title

カウンタックとエガちゃん・・・強烈な絵ですね。
どっちも好きだけど一緒に見るのは    ねえ。

サンバーのエンジンなら普通に流れに乗れるんでしょうね。
ただ正面からぶつかったら死んでしまうでしょうね。
バイクと思って乗らないと・・・・。

レプリカってメーカーの量産だけでなく色々探すとありそうですね。
ストラトスのレプリカもあるようです。
http://www.atakaeng.com/index.html
そっくりという訳ではないですが。


No title

http://www.ruclip.com/video/9Q0lQnxpiRw/hfr2000.html

その昔、アカタエンジニアリングという日本のメーカーでMR2のエンジンベースでレプリカが販売されていました。
今、創業しているかはこの時期難しいでしょうけど(爆) HPがなくなっているところをみるとやっぱり。。。。
それでも、このアカタエンジニアリングの評価は海外からもすこぶる良かっただけに残念です。ストラトスにターボ搭載まであったので。。。。

しかし、ディノ246GTのエンジン搭載がオリジナルでミッドシップのレイアウトでそのままでもコーナリングマシンでアクセルワークが荒いといとも簡単にコマのようにスピンしたのが当時のストラトスですが・・・
それだけ難しい車両に500馬力ですか? 電子制御システムがつてれば大丈夫だろうけど・・・そのままだったら、まともに真っ直ぐ走らないんじゃない!?
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード