不死身のセレブ

ニュース記事より

「イタリアの高速道路で、ドイツ人男性(28歳)が、パガーニ・ゾンダFを320km/hで運転・・・
突然コントロールを失い、スピンしながらガードレールへ激突。

この事故で、ゾンダFは前後部分が原形をとどめない全損状態に。しかし、2シーターのキャビン部分だけが、乗員を守るかのように残り、事故を起こしたドイツ人男性と、助手席のリトアニア人女性(21歳)は、車両から自力で這い出したという。

この事故により、日本円で約1億2000万円のゾンダFが鉄屑に。

この男性、2010年4月に同じ高速道路をランボルギーニで300km/hを超える速度で走行し、逮捕された前科があるという。」

110222.jpg


・・・どうしようもないおバカさんですな。
自分も他人の命も大事に出来ない・・・
そして、途方も無いお金持ちですな。

こっちなんか、大事に大事に乗っていてもアレが壊れたコレが壊れたで泣く泣く身銭を切っているっていうのに・・

ぜひ次は誰もいない道で、ヴェイロンで400km/hクラッシュ、無事生還に挑戦して欲しいですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

320キロで運転・・・その後スピン 人体に損傷なし凄いですな、、、、
自分は18歳の時に代車のセリカで150キロでスピンして、シートベルトしてなかったのですが奇跡的に無傷でした。
セリカは土手に乗り上げました。車体の方もそれほどダメージがなかったです。スピンしてその勢いで後ろ向きで走行してそのまま土手にジャンプした感じで乗り上げて嵌った感じでしたので。。。。

後は・・・峠でクラッシュしてサーキットの狼のロータスの如く屋根で道路を200メートルくらい滑走した経歴も持ってます(激爆) 自分は無傷で、同乗者一名は膝に何針か縫う怪我をさせてしまいましたが・・・

それにしても、同じ高速道路をランボルギーニで300km/hを超える速度で走行してどうして捕まるのかが不明です。
警察車両は何だったのでしょうか? それとも追い詰めたのでしょうか?

No title

>屋根で道路を200メートルくらい滑走した
まるで映画ですね。オープンになっちゃったとか(笑)

>高速道路をランボルギーニで300km/hを超える速度で走行してどうして捕まるのか
オービスでしょうかねえ。

>320キロで運転・・・その後スピン 人体に損傷なし
グランツーリスモでは何度か経験してますが(笑)、実車ならアウトでしょう普通。
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード