ちょっと真面目な話

今日ある人と会いました。
その人は以前の自分の上司でした。

当時、その人は自分の仕事が好きで仕方が無いというタイプで、なんでいつも目を輝かせて仕事してるんだろう?と思っていました。割合自分はその辺は冷めていると言われがちで、あまり目を輝かせて仕事している事は無いです。
むしろクルマへの情熱のほんの一部でも仕事に傾ければ・・・と冗談を言われるタイプです。真逆です。

そして退職後数年経った今も忙しい毎日を過ごしているとの事で、今日も目を輝かせてそんな話をしていました。
思い返せば、自分の過去の上司は結構目を輝かせて仕事するタイプの人が多かったです。

仕事への情熱や思い入れが強ければプロになろうとするし、プロであり続けようとする。仕事バカでなくても、常に仕事に何かを活かすことや新しい方向性について思いを馳せている。
自然と同じタイプの人同士が引き寄せ合って、切磋琢磨してより質の高い仕事につながって行く。

情熱や思い入れが弱ければ仕事に自信が持てないし、仕事に対して逃げ腰若しくは言い訳を考えるようになる。
結局いつまでもプロにならないから仕事上の信頼は得られない。より仕事に対して距離を置くようになる・・・

自分はどうか・・・少なくとも目は輝いていない。プロにもなれていない。
でも逃げ腰ではない(気がする)。微妙・・・

年齢からしてどっち派になるかの分岐点に来ている。
プロになりたい。
でも職場を離れるとクルマとかの事を考えている事が多い。
もしかして結局このまんま?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 時期が来れば、否が応でも何かを選択する時が来ます。
 今は、やれること、やりたいことを追いかけていればいいと思うよ。

 あなたと、その他のスタッフも含め、一緒に仕事できたのは1年間だけでしたが、最高の仕事が出来たと自負しています。スタッフ抜きでは成し得なかっただろうし、その他のスタッフでも多分ああはいかなかったでしょう。

 またあのスタッフで仕事したいと、贅沢に思ってしまう私です。
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード