最近のお気に入り

これ。

111011.jpg


TVで開発秘話を見てすぐに買いました。
新潟の容器メーカーの社長さんの醤油好きが嵩じて真空を保つ醤油容器が開発されたそうです。
その社長さんは、封を切り立ての醤油の味がすぐに劣化してしまう、また色も琥珀色から真っ黒になって香りも飛んでしまうのが許せないことからこの容器の開発に至ったとか。
毛細管現象を応用したこの容器、まさに目から鱗の発想です。今後の応用も考えるとお見事としか言いようがありません。

数年間、試験研究機関で開発の真似事のような仕事をしていた私にとって、正にこんな仕事ができたら!!と思うような素晴らしい成果です。社長さんの努力と発想力に脱帽です。

で、刺身やら冷奴やらに使ってみると、子供達が開口一番 「寿司屋の醤油だ!」
・・・・
おじいちゃんに廻らない寿司に連れて行ってもらっているうちの子供達、さすがだ君たち。
違いが分かるのかい。あ、そう。


まあ、お父さんが主に行く廻る方の寿司屋さんもそんな感じだよ・・・・orz

でも、この味と香りが70日持つのは凄いです。
さて、我が家にたくさん残ってる黒い醤油は誰が使うのかな・・・







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 うちの坊主たち、私の親父のおごりで廻らない寿司屋に入った瞬間、
「お父さん(私のこと)、ここって・・・」
みなまで言うな。
そう、子どもにとって、寿司屋は廻っていなければならないところ、だったのです。

それはさておき、この器の開発には当課も関与しています。私ゃ全くノータッチだけど。
もう3年近く前になりますが、試作品を見たときには感動しました。

出口はどこにだってあります。イノベーションの鍵は、あなたが今携わっている仕事にも、きっとあります。
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード