Maserati: The new Ghibli

マセラッティ・ジャパンのHPにNewGhibliのニュースが出ていました。

「大型になった「クアトロポルテ」に比べ、よりスポーティなキャラクターを備えています。
「ギブリ」には8速オートマチックトランスミッションを搭載する、3.0リッターV6ツインターボエンジンを導入。後輪駆動(RWD)とQ4と呼ばれる4輪駆動(AWD)の2モデルが登場します。」

1304101.jpg

ほうほう・・目つきの鋭いベビー・クワトロポルテって感じですな。
500万前後で出たらいいなと妄想するも、3年落ちでしか射程距離に入りません。
でも3年落ちで保証の切れたマセを買うには男気が足りません・・・

1304102.jpg

リヤはちょっと大人しく見えます。実物と写真ではまた違うのでしょうけど。

1304103.jpg

インテリアもさすがマセラッティという感じでしょうか。
クワトロポルテはドライバーズカーというよりショーファードリブンという使い方が似合います。
自分で転がして楽しいのはこのサイズ、排気量かもしれませんね。

先代のギブリはこんなクルマでした。
ひと昔前の悪評高いイタリア車の1つで、維持するのに金と大きな心を要したとか・・・
近所に現役で1台走ってます。ヘンタイさんですねえ。

このあとの3200GTとかクーペになってから信頼性が向上したそうですが、ミッション=カンビオコルサのクラッチの寿命は2万キロとか・・・ワイパーゴム並みですな(笑)


1304106.jpg


さて、イタリア車と言って誰もが思い浮かぶのはフェラーリかランボでしょう。
ランボはニューモデル「ヴェネーノ」を発表しましたね。
歴代最強のランボはお値段3億6500万円!
例えば、私がローン組んで買う場合、毎月の支払額を思い切って10万円、頭金、ボーナス払いなしで計算すると・・・・ざっと300年以上かかりますね。
2013年は3台のみ作られるそうですが、既にオーナーは決まっているそうで。少し遅かったか!。


1304105.jpg

初めてガンディーニのデザインしたカウンタック(クンタッチが正しいそうですが)を見たとき衝撃を受けましたが、これは別の意味で衝撃です。
エアロダイナミクスを突き詰めた結果ではあるのでしょうけど、これが次のバットモービルだと言われても信じてしまう感じです。

1304104.jpg

リヤなんて、ダースベーダーのお面にしか見えません。
ランボよ、どこへ行く?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

知り合いのクンタッチ乗り曰く、「3億ぼろ儲けのクルマ」だそうで。ま、さもありなん。
でも、走ってるところ見たいかもね。

No title

>3億ぼろ儲けのクルマ
そうかもしれませんねえ・・まあカーボンの塊でしょうから6500万はかかってるんでしょう。
でもこれをマッハで買っちゃう人達にとっては3億なんて、私にとっての3000円程度なのでしょう。

No title

>私にとっての3000円程度
クンタッチは年間維持費200万と言ってたなあ。ま、金持ちだけど。

ところでマセラティに液晶って似合わねー、と思ったの、俺だけ?
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード