20年目の真実!

バンディットの燃費、通勤で15km/L程と、ムルやプントと大して変わらないです。
250ccでこの燃費ってどうなの?

1306083.jpg


しかもエンジンがあったまった時はアイドリングが不安定になって、下手すりゃ止まるし。
うちのバンディット、キャブ内部が汚れてひどい状態じゃないの?と疑ってたわけです。

ふと、アニマルツーリングの時にT企画部長が言ってた言葉を思い出す・・・
「こいつダウンドラフトだから・・・・」
ダウンドラフト?

うちのバンディットは初期型フルパワー45psモデル。
最近のインジェクション250ccとは別物ってくらい速いんだけど、なぜか
Ⅱ型ではダウンドラフトからホリゾンタルに変更されている。

ちなみに初期型バンディットはこのダウンドラフトキャブを、見た目が連想させるということでスリングショット(投石機)キャブレターと名付け、ウリにしていた。ガソリンタンク両サイドにもそのロゴが誇らしげに書いてあります。

1306081.jpg


キャブの事を改めて調べてみた。
4ストロークエンジンは、混合気がエンジン上部の吸気バルブから入って行く。
このため、エンジンを前傾させ、ガソリンタンクーキャブー吸気ポートをストレートに配置してやれば最も効率が良い。

1306082.jpg

たしかにキャブが斜めについてますな・・・

ただ、普通のホリゾンタル(水平)のキャブでは混合気が水平方向に流れるため、このレイアウトはとれない。
ふむふむ。

そこで、バブル景気を背景に高性能バイクが次々と産み出された80年代には、前傾エンジンと混合気が垂直方向に流れるダウンドラフトキャブを搭載したモデルが結構出ていた。
高回転高出力を売りにしたFZRやバンディット初期型などがそれである。

しかし、このダウンドラフトキャブは、構造的に混合気が濃くなりやすく、ガソリンがエンジン内にだだ漏れすることもよくあり、調整では何ともならないという設計上の欠点があったため、後のバイクには採用されなくなったらしい。

・・・・欠陥じゃん。


ちなみに「バンディット ダウンドラフト」でググると出るわ出るわ・・不具合ネタの宝石箱や〜
どうりでⅡ型でホリゾナルになったわけだ・・・

ちなみにバンディットのメーカーであるスズキのバイク界での立ち位置=「変態」
だそうです。

変態グルマに変態バイク・・・・ふふふ望むところだ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード