yandou流清掃術

これは換気扇の掃除の話です。
シーズンごと、いや年ごとにしか換気扇てやる気になりません。
で、やり始めるとあまりの油汚れに後悔・・・はあ・・半日仕事か・・・

てことありませんか?
実はさっき終わったところです。

ここで知っておくと楽になるyandou流テクニックをご紹介します。
既に知っていたら以下は読む必要ありません。

使うもの:新聞、トイレットペーパー、古タオル2枚、食用油(廃油でOK)、食洗機用洗剤、ドライバー 以上。

1 換気扇をフードも含めバラします。下に新聞敷いておかないと後で叱られます。

2 台所の洗い桶に食洗機用洗剤を給湯器で出せる最高温度の湯で(我が家は60度)溶かし、そこにファン(シロッコファンも同様)とネジ類などをつけおきします。

3 その間にフードや風導板などのデカいパーツを掃除します。

4 トイレットペーパーで糊状になった油汚れをとっておき、油をしみ込ませた古タオルで擦ります。 

5 するとどうでしょう!洗剤よりも簡単に油が落ちます。
油汚れが多いと洗剤の乳化作用よりも、同じ油の親和性を利用した方が効率が良いようです。
この原理は、白髪染めで皮膚が染まってしまった時にも応用できます。洗い流す前に髪に付いている染料で皮膚を擦ると簡単に落とせます。

6 あとは乾いた古タオルで乾拭きします。どうせすぐ料理するからこれ以上の仕上げは無駄と割り切りましょう。

7 つけおきしておいたファンやネジ類をすすぎ(食洗機用洗剤は一般洗剤よりも強いので素手を突っ込まないように)、古タオルで拭いて元通り組み上げて完了。

ここまでで1時間は掛かりません。
世のお父さん、家庭内ポイントアップにトライしてみませんか(笑)?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード