ベタベタ病対策

ムルティプラのような約10年前のFIAT、AlfaRomeoは内装のプラスチック表面に光の反射を防ぐためか、マット仕上げの塗装(タンパク塗装と言うらしいです)がしてあって、それが経年変化で溶け出し、ベタベタになって手などにくっつくこと=『ベタベタ病』が有名です。発症率は100%に近いです。
対策としてはこの塗装をはがし、再塗装ということになりますが、業者に頼むと結構掛かるようです。
自分でやる人はマジックリンがいいらしいです。

なので我が家は放置してましたが、カップホルダー(本当は携帯電話ホルダーらしいです)のベタベタが水筒に付くようになってもう耐えられないようになり、今日ついに自力施工しました。
ホムセンでこういうの買ってきました。
車内で使っても安全そうなうえにガムまで溶かすというのに惹かれました。
患部に吹きかけてしばらくして歯ブラシでゴシゴシ・・・・落ちません・・・

14012601.jpg

車体から取り外して作業する事にしました。
カップホルダーを下からのぞくとネジ1カ所でとまっていますのでそれを外せばホルダーが外せます。
このように表面はベットベト。歯ブラシで擦ってみましたがすぐに使えなくなります。
結局、指に巻いたボロ布にディゾルビットを吹き付けてガシガシ擦るのが一番のようです。

14012602.jpg

数分後、タンパク塗装はきれいにはがれました。
そのまま元に戻すのもアレなので、塗装する事にしました。

14012603.jpg

BANDITのタンクやカウルを塗った残りの黒、クリアを使います。
プライマーがなくても塗料が乗りそうな表面なので、いきなり塗るです。
14012604.jpg

なかなかステキな仕上がり。
あとはしっかり乾かして取り付けるだけ。

14012605.jpg

ただ問題は、ベタベタ病の患部がカップホルダー以外にも広範囲に及ぶということ・・・
全部やるとなると外すのが大変そう・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード