おそらく国内最長老ムル

と思われるのが、笹目 二朗さんの黒バンパー仕様のムル。
28万kmだそうです。
これに比べたらうちのムルなんて中坊みたいなもんです。

クルマのある風景

笹目さん曰く
「ムルティプラはこのところ高額出費が続いているけれども、走行距離を考えれば消耗品の交換ということで納得できる。クルマの新旧にかかわらず走るうえで必要なものだ。そうしてダメになった部品を交換していけば、いつまでも乗り続けられそうな気もする。それは、「飽きる」ということがないせいだろう。ムルティは乗って面白く、快適にして燃費もいいからだろうと考えられる。」
とのこと。
全く同感です。

部品が供給される限り交換して乗っているのが正解な気がしてきました。
ただ船便で1ヶ月以上待たされるのがね・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード