買わないけど〜・・・・

最近、250ccのフウカウルモデルが熱くなってきました。
私がバイクに熱中していた88年〜92年頃の再来を期待させてくれます。

当時は250ccといえども、2ストロークV型もしくは並列もしくはタンデムのツイン、4ストロークならば並列4気筒の凝ったメカニズムを持った豪華なバイクが主流でした。

ワタクシが昨秋まで乗っていたBanditも4スト4気筒のバブリーなバイクでした。

時は流れ、スクーターやモタードのブームによってフルカウルのバイクが絶滅しましたが、カワサキからNinjaが2気筒フルカウル250ccとして復活し、ホンダからCBR250Rが単気筒250ccとして復活しました。

我々からすれば、Ninjaは良しとしても、CBRは女性的なデザインも相まって当時のRRとの違いが受け入れられないものでした。


でもマイチェンにより、CBRがだいぶ男の子らしくなりました。
でもハンドルの高さが・・・・残念

15031503.jpg

発売前ですがKawasakiのNinja250SL。ハンドルも低いし、車体も軽い。
単気筒ですが高回転型のようです。
きっと楽しいでしょう。

15031505.jpg

YamahaのYZFシリーズの末裔、2気筒の高回転高出力モデル。
ハンドルと価格の高さが残念・・

15031504.jpg

一時期購入を考えたメガリ。格好の良さは随一ですが、トラブルの多さを考えると候補になりません。

15031506.jpg

この中ではNinjaが最有力です。


・・・・・・・・







買えないですけどね・・・・・・・・

あくまで妄想ですけどね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード