さよなら・・・

Dラーから主治医の所に引き上げられてきました。
いよいよ明日、解体屋さんに引き取られていきます。

16011606.png

ドラレコとか外せるものはみんな外して、お別れの写真撮りました。

16011605.png

向こうでムルも悲しげに寄り添っている感じ。
ムルより後に我が家にやってきた2代目プント。
来てから4年、4万キロを走ったところで早すぎるお別れ。

16011603.png

「小さい車を作らせたらFIATは凄い。」自動車雑誌等でよく見るこのフレーズをまざまざと体感させてくれたクルマでした。
16年前に出たクルマですが、最近の同クラスのいろんなクルマに乗った中でも高級感以外の要素=走り・積載性・乗り心地・走行安定性・ファントゥドライヴなどはぶっちぎりで飛び抜けたクルマでした。


16011604.png


今度はチンクになるけど、このクルマの事はきっと何かにつけ思い出してしまうでしょう。
さよなら
ゆっくり休んでね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プント!

こんばんは。
いよいよプントともお別れですね・・・。

以前、何回か代車でプントを借りたことがありますが
外見コンパクトな車だけれども居住性は良し、
シートは座り心地良しで優れた小さい車だと思います。
時折電動パワステが効かなくなるお茶目さんでしたけども・・・。
ともかく、良い車でした。

これだけ良い車が当時新車価格170万円代位で売っていた様な記憶がありますが、
今思えばこの価格は破格だったのではないでしょうか・・。

「小さい車を作らせたらFIATは凄い。」
・・・それがプント。

「大きい車も作らせたらFIATは凄い。」
・・・それがムルティプラ・・と思います。



最後に、お疲れ様・・・プント!

No title

こんばんは
そうなんです。170万て今時の軽並みです。
日常のシーンには高級過ぎないクルマが楽です。
そういう意味でプントやムルの時代のFIATがしっくりくるんです。
プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード