ミドリちゃん

次男が、友達からクレーンゲームの景品をもらってきました。
小さい瓶に入ったミドリフグ。
おもちゃのような姿と愛らしい仕草がとっても可愛いです。


みどりふぐ



ミドリちゃんと名付けてプラスチックの飼育ケース(虫かご)に入れて可愛がりだしたまでは良かったのですが、たいした飼育説明書がついていないのでネットで調べたら、これが結構飼育が大変な魚である事が分かりました。

汽水域の魚のため、淡水でもなく海水でもない、薄めの塩分濃度にしてやらなければいけない。
しかも水換えは毎日必要・・・
成長に合わせて塩分を濃くして行かなければいけない。

餌は基本的に生き餌・・・最低でも冷凍赤虫。
って、付属の餌はただの金魚の餌だし・・・

気性が荒いので1匹飼いを推奨・・・

ここで大きな問題が・・海水魚用の水槽がうちには無いんです。
水に敏感な魚ほど大きな水槽に入れて水質変化を最小限に抑えてやらないといけないんです。

こりゃ困ったなーと思っていたら、今日、ミドリちゃん死んでしまいました。

可愛がっていた次男は落ち込んでました・・・。
友達は良かれと思ってうちの子にくれたわけだし、うちの子もちゃんと飼おうとしていた。
海水の素も買って毎日水換えもしていたし、赤虫もやっていた。
でも飼育環境を整えるのが間に合わなかった。


業者に一言

こんな大変な魚、ちっこい瓶に入れてクレーンゲームの景品にするな!!
海水魚の飼育経験と道具を持った人でないと絶対長生きさせられないのに可愛そうだろ!!
生き物はそれなりの準備と覚悟を持って飼うもの(本当は飼うべきではないと思うけど)だろ!!
景品にされた小さな命と、それを殺してしまった子供の気持ちを考えた事があるのか?
泣きながら牛を処分する人たちがいる一方で、こんな商売がまかり通っている。おかしな国だ日本は。


ミドリちゃん、ごめんな

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yandou156

Author:yandou156
AlfaRomeo156に衝撃を受けてからイタ車に毒されて、世界で最も醜いクルマという称号を与えられた”ムルティプラ”とFIAT100周年を記念して(?)発売された”プント”を所有し、奇妙なクルマ生活を送ることとなったyandouのブログ「むるぷん日記」がこのたび、ムルとチンクを飼うことになったため「Multinqueな日々」として再出発しました。
が、ムルも生涯を全うして乗り換えたのが、そもそものきっかけとなった156、ブログも「Alcinqueな日々」に変更・・・もうタイトルどうでもいいですね・・
相変わらずクルマネタとJOJOネタと酔っぱらいネタをメインに綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード